競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第36回ニュージーランドトロフィー

ニュージーランドトロフィーの本命は◎ラムセスバローズ。新馬から芝、ダート、ダート、芝と使われてきたが、芝とダートの両方で勝っている。前走は3歳500万円以下の中山芝1600mで勝利。その前走だが、4コーナー手前で中団から好位に捲るように上がって行って、そのまま差し切った。2着馬との着差は3/4馬身だが、それ以上に強い内容だった。ここ3戦コンビを組んできたルメール騎手から内田博幸騎手への乗り替わりがどうかだが、前走と同じ中山マイルであるし、相手は強くなるが好走を期待。
対抗は○ケイアイノーテック。デビューから一貫して芝のマイルを使われている。朝日杯FSの直線で見せた末脚は鋭く、4着ではあったが、2着馬、3着馬とのタイム差はなかった。

前走きさらぎ賞5着の▲カツジ。その前走の直線で追われてから伸びなかったのは久々の分なのか、それとも距離か。ひと叩きと距離短縮で。

△ファストアプローチは差してじわじわ伸び、先行してズルズルと後退することなく粘りを見せる。そのため大崩れはないのだがワンパンチが足りず勝ちきれない。テン乗りの田辺騎手が思い切った騎乗をすれば新味を出せるかもしれない。

押さえにシンザン記念3着の×カシアス。


予想
◎ラムセスバローズ
○ケイアイノーテック
▲カツジ
△ファストアプローチ
×カシアス
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply