競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第132回目黒記念 本命は天皇賞(春)5着のあの馬

日本ダービーの予想の前にまずは最終レース目黒記念の予想。

本命は前走天皇賞(春)で5着に入った◎チェスナットコート。東京の長距離重賞といえば昨年のこのレースを制し、今年も出走しているフェイムゲームだが、チェスナットコートはそのフェイムゲームと同じハーツクライ産駒。8歳馬のフェイムゲームが59キロを背負うのに対し、4歳馬のチェスナットコートは56キロ。前走の天皇賞(春)、前々走の日経賞ではいずれも4コーナー手前からジョッキーの手が動いてグイグイ追われていたが、バテることなく直線で脚を伸ばしていた。スタミナは十分だが、エンジンのかかりが少し遅いようなので直線の長い東京の方が持ち味が生きる。フェイムゲームからの世代交代だ。

対抗は○フェイムゲーム。牡馬にしてはそこまで馬体が大きくないこの馬に斤量59キロがどう影響するのかが気がかりだが、昨年のこのレースを制しており、今年もダイヤモンドSを勝つなど、東京の長距離重賞では安定した強さを見せている。あっさり勝たれても不思議ではない。チェスナットコートとのハーツクライ丼を狙いたい。

前走日経新春杯を勝った▲パフォーマプロミス。東京では芝2400mを2回走っていずれも2着。抜け出したところを差されている。長い直線でどうかだが、そこは前走からコンビを組んでいるデムーロ騎手にお任せ。

ディープインパクト×ブライアンズタイムでスタミナありそうな△ゼーヴィント。

ダイヤモンドS3着、アルゼンチン共和国杯2着と勝ちきれないが東京の長距離重賞で好走している×ソールインパクト。


予想
◎チェスナットコート
○フェイムゲーム
▲パフォーマプロミス
△ゼーヴィント
×ソールインパクト
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply