競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第27回 マイルチャンピオンシップ他

レコード決着となったマイルCSを制したのは、13番人気のエーシンフォワード。前走スワンSで1番人気を裏切って8着に敗れていたこともあり今回は人気を大きく落としていました。私もここでエーシンフォワードがくるとは思っていませんでした。G1では高松宮記念のように頑張って3着、せいぜい掲示板確保、そんなイメージだったんです。今更G1で本命にするような馬じゃない・・・と。

でも、現在の主役不在のマイル戦では誰が勝ってもおかしくはなかったのかも。速い流れの中で踏ん張って直線では内を突いて早めに抜け出しいい脚を長く使って他馬の追撃をギリギリ退けることが出来たのは、エーシンフォワードの力はもちろん、乗り慣れた岩田騎手に手綱が戻り、スワンSを使って馬の出来が一段と上向くなどの好材料が重なったおかげでしょう。特に今回のような接戦のG1は全てにおいて上手くいった馬が勝つということでしょうね。

私の本命馬トゥザグローリーは7着に敗れました。私が思い描いていたレース展開とはちょっと違ったこともあって好走してくれませんでした。最近はG1でも速いペースになると予想してもゆるいペースに落ち着いたりすることが多いので、今回のマイルCSも案外落ち着いた流れになるのではと踏んでいたのですが・・・。

ダノンヨーヨーは伊達に4連勝していませんでした。2着に入り力のあるところを見せてくれました。

それから3着のゴールスキー。トゥザグローリー同様昨シーズンのPOG馬でしたが、正直そんなに強いと思っていませんでした(汗)

昨年3着だった外国馬サプレザはひとつ順位を落として4着でした。

対抗にした3歳牝馬オウケンサクラは残念ながら16着と大敗。流れに上手く乗れていると思ったのですが、最後は一杯一杯でした。

結果
1着 エーシンフォワード(13番人気)
2着 ダノンヨーヨー(1番人気)
3着 ゴールスキー(6番人気)
4着△サプレザ(2番人気)
5着 ライブコンサート(12番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着◎トゥザグローリー(4番人気)
8着×ワイルドラズベリー(8番人気)
13着▲キンシャサノキセキ(3番人気)
16着○オウケンサクラ(10番人気)


東スポ2歳Sを制したのはフジキセキ産駒のサダムパテック。2着に3・1/2馬身差を付ける圧勝でした。

マイラーよりスタミナ寄りの決着になるというのがレース前の私の予想だったのでフジキセキ産駒に圧勝されるとは・・・。上がり33.7秒の決着ですし、最後の直線ヨーイドンになった感じですね。

唯一の収穫はPOG馬のリフトザウイングスが2着に入ったこと。外枠でしたが、武豊騎手が直線で内を突くなど上手く騎乗していたと思います。どちらかというと、こっちに期待していたもう一頭のPOG馬ダコールは何とか掲示板確保の5着。

本命サトノペガサスはいいところなしでした。なおイイデタイガーは「他の馬に関係なく、疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止」、左大腿骨々折で予後不良だったようです。残念です・・・。

結果
1着 サダムパテック(1番人気)
2着 リフトザウイングス(3番人気)
3着▲フェイトフルウォー(7番人気)
4着 マイネルラクリマ(9番人気)
5着○ダコール(6番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着×トーセンケイトゥー(2番人気)
10着◎サトノペガサス(8番人気)
中止△イイデタイガー(5番人気)
関連記事

TRACKBACK

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply