競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

サトノオー、7馬身差の圧勝デビュー!

UMAJIN POGで指名したディープインパクト産駒のサトノオーが日曜の東京6R芝1400mの新馬戦を2着に7馬身差をつける大差で圧勝しました!勝ちタイムは1:23.0。



直線ではまるで他馬が止まっているかのように見えました。サトノオーの上がりタイムは33.7秒。他馬が35.5秒以上だったのと比べればダントツの末脚です。しかも最後は流していたのですから本気をだしていれば勝ちタイム、上がりももっといいタイムになっていたでしょう。

サトノオーの母はエアトゥーレ。エアトゥーレ自身はG1勝ちこそないもののG2阪神牝馬S勝ちがあり、フランスのG1モーリス・ド・ゲストで2着に入ったこともあります。
またエアトゥーレの仔はセントウルS、シルクロードS勝ちなど全7勝を挙げたフジキセキ産駒アルティマトゥーレ、皐月賞馬のアグネスタキオン産駒キャプテントゥーレ、と優秀な仔ばかり。サトノオーは父がディープインパクトに変わって更なる大物になる予感?

サンスポによるとサトノオーの今後の予定は「年内1戦で12月26日阪神の500万下(芝1600メートル)が有力」だそうです。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply