競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第66回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス

府中牝馬Sの本命は、ルメール騎手騎乗の◎ディアドラ。クイーンSでひと叩き。しかも勝っている。スローの直線ヨーイドンになってしまったらディープ産駒相手には分が悪いかもしれないが、昨年逃げ切り勝ちを果たしたクロコスミアが最内枠に入ったので前でレースを進めそうだし、カワキタエンカあたりもハナに立ちそうなので、それなりのペースになるのではないかと予想。それならディアドラの末脚が活きるだろう。おそらく人気になるだろうが軸で。

対抗はヴィクトリアマイル勝ち馬の割にそこまで人気にならなさそうな○ジュールポレール。関西馬で東京コースの経験は2年連続で出走したヴィクトリアマイルのみ。それで昨年は優勝、一昨年3着と結果を残している。200mの距離延長も問題なさそう。

ハーツクライ産駒らしく2、3着が多い▲リスグラシュー。ぐいぐい追う初コンビのデムーロ騎手と長い直線が向きそう。

5連続2着の△フロンテアクイーン。ここまでくると2着付けで買いたくなる。実はこれまで2勝しかしていないのだが、そのうち1勝が東京芝1800mの初音S。勝ちきれなさを府中の長い直線でなんとか補いたい。

押さえに昨年の3着馬×アドマイヤリード。田辺騎手には無欲で後方待機から追い込みを決めてもらいたい。


予想
◎ディアドラ
○ジュールポレール
▲リスグラシュー
△フロンテアクイーン
×アドマイヤリード
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply