競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第66回日経新春杯

2019年最初の予想記事は日経新春杯から。

本命は武豊騎手とメイショウのコンビ◎メイショウテッコン。近走は松山騎手が手綱を握っていたが、満を持しての武騎手×メイショウ。武騎手はメイショウテッコンに一度騎乗している。それが昨年1月の京都芝2400mの梅花賞で見事勝利している。今回は同じ京都芝2400m。しかも同じ1月開催。ブリンカー装着馬で揉まれたくないタイプだと思うがロードヴァンドールが逃げるようなら6枠と比較的外の枠で馬群に包まれることもなさそうだし、譲って好位からのレースを進めても大丈夫だろう。菊花賞では14着と大敗したが、勝ち馬フィエールマン、2着馬エタリオウを過去に負かしたこともあり、力はある。好調なスタートを切った武騎手にも期待したい。

対抗は○ムイトオブリガード。芝路線に転向した4歳の昨年3連勝からの初重賞アルゼンチン共和国杯2着。ゆっくりと力をつけて来た。東京で好走しているがゆったりとした京都コースも合うはず。

ミナリク騎手騎乗の▲アフリカンゴールド。菊花賞12着からの参戦。昨日ミナリク騎手が1着になった中山7Rのダート1800mのレース映像を観たが、ゴール前外から交わされそうで交わさせず粘り切るところがさすがの騎乗だった。内枠で上手く立ち回れれば。

京都コースと相性の良い△ノーブルマーズ。忘れちゃいけない宝塚記念3着馬。

こちらも忘れちゃいけない昨年のこのレースの2着馬×ロードヴァンドール。前走のチャレンジカップは最下位に終わったがスタートが悪くて最後方からの競馬になった。横山騎手だし、今度は無理にでも前に行くのでは。この馬が展開の鍵を握る気がする。


予想
◎メイショウテッコン
○ムイトオブリガード
▲アフリカンゴールド
△ノーブルマーズ
×ロードヴァンドール
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply