競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第67回京都新聞杯

令和最初の中央重賞レースは京都新聞杯。

本命は◎タガノディアマンテ。前走の皐月賞では15番人気と人気薄ながら追い込んで6着に入った。あの位置取りではさすがに前の馬を捕らえるまではいかなかった。2走続けて手綱を握った田辺騎手から今回初コンビとなる松山騎手への乗り替わりで極端な追い込みではなくなるのかもしれないので、その辺りに期待。また、きさらぎ賞で2着に入っていることから広々とした京都は合いそう。

対抗は○ロジャーバローズ。スプリングSでは7着に敗れたが、レース後に川田騎手が「パドックからゲートに入るまで、ずっと競馬に向かえる精神状態では無かった」とコメントしたようにイレ込みが激しくレース前に消耗してしまったようだ。不安はあるが、ゆったりとした走りをする馬で中山よりも京都向きの印象もあるので好走期待。

タニノギムレット産駒▲ヒーリングマインド。ロベルト系で使われてよくなるタイプなのか昨年末からコンスタントに使われて、前走は中2週で臨んだアザレア賞を勝った。連勝の勢いで。

武豊騎手騎乗の△トーセンスカイは前走勝負所で捲るように上がって行って、直線で叩き合いとなったがゴール前で相手がムチを入れて追っていたのに対して武騎手はムチを入れず相手をちらりと見る余裕もあった。首差で勝ったが着差以上の内容だった。京都得意の父トーセンラーの血がここで発揮されるか。

押さえに×ブレイキングドーン。


予想
◎タガノディアマンテ
○ロジャーバローズ
▲ヒーリングマインド
△トーセンスカイ
×ブレイキングドーン
関連記事

TRACKBACK

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  京都新聞杯 最終決断
  • 京都新聞杯 GⅡ ◎ ⑥ サトノソロモン ○ ⑪ トーセンスカイ ▲ ① オールイズウェル △ ⑦ タガノディアマンテ × ③ ロジャーバローズ ☆ ⑬ ヒーリングマインド
  • 2019.05.03 (Fri) 22:42 | 浪花のクマさん 穴馬券

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply