競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【競馬予想】第86回日本ダービー

葵Sは本命◎ディアンドルが1番人気に応えて勝利、2着に外から13番人気の△アスターペガサスが突っ込んで来てくれたおかげで1番人気からでも馬連6,390円となかなかの配当となった。勝った藤岡佑介騎手、そして2着に持って来てくれた福永騎手ありがとう。明日のダービーの資金が増えました。

ということで、日本ダービー。

本命は◎ダノンキングリー。皐月賞が終わってからこの馬にしようかなと大体決めていた。皐月賞は勝ち馬とタイム差なしの3着。勝ったサートゥルナーリアと2着のヴェロックスが馬場の良い所を通って併せ馬のようにして2頭で一緒に上がって来たのに対して、ダノンキングリーは少し馬場の荒れたインを突いて2頭よりもワンテンポ早く1頭で抜け出した。3着に敗れたが内容は決して悪くないものだった。東京コースを経験しており、しかも2戦2勝と好相性。ディープインパクト×ストームキャットは先週のオークスを勝ったラヴズオンリーユーと同じ。ちなみにオークス2着のディープ産駒カレンブーケドールも母系にストームキャットという血統。土曜の東京の芝のレースでは直線内が良く伸びていた様子。4枠7番と真ん中よりやや内枠に入ったので道中脚をためて直線で上手く内を突ければ勝機は十分。昨年はエポカドーロで惜しくも2着に敗れた戸崎騎手がダービージョッキーになれるチャンス。

対抗は皐月賞馬○サートゥルナーリア。昨年のオークス予想でロードカナロア産駒ということで距離を不安視して△を打ったアーモンドアイはオークスを勝ち、さらにジャパンカップも制した。サートゥルナーリアは母がオークス馬シーザリオ、母父スペシャルウィークでなら東京芝2400mも問題はないだろう。

皐月賞2着の▲ヴェロックス。皐月賞では直線で勝ち馬サートゥルナーリアに寄られてよれる不利があったがそれでも食い下がった勝負根性は見事。トニービンの血を持つジャスタウェイ産駒。東スポ2歳Sでは4着に敗れたが、勝ち馬とのタイム差なしの混戦だったし、直線いい脚を使って伸びていた。ただし、一瞬の切れ味となるとディープ産駒には及ばないかもしれない。

皐月賞上位3頭で決まっては面白くない。残りの2頭は穴っぽいところから選びたい。

武豊騎手とメイショウのコンビ△メイショウテンゲン。ディープ×フレンチデピュティという点ではマカヒキと同じ。皐月賞では15着と大敗しているが、大きく崩れたのはその皐月賞だけ。メイショウの馬で一発狙っていそうな武騎手。人気はないだろうし思い切った騎乗をしてもらいたい。

押さえに×ニシノデイジー。皐月賞で本命にしたが17着と大敗。しかし、皐月賞2着のヴェロックスを破って東スポ2歳Sを勝っている。距離は微妙な気もしないではないが、中山のホープフルS3着、弥生賞4着、皐月賞17着と順位を落としていった中山から東京に戻っての変わり身に期待してみたい。


予想
◎ダノンキングリー
○サートゥルナーリア
▲ヴェロックス
△メイショウテンゲン
×ニシノデイジー
関連記事

TRACKBACK

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  日本ダービー予想 byびぜんや
  • 今日は松本市はあがたの森公園で行われていた「クラフトフェアまつもと」に行ってきました。 松本駅に降り立つと、駅舎にある北野建設の気温計が指していたのは真夏でもなかなか見かけないような「34℃」のスコア。 それでも会場を歩いていてもあまり汗をかかず、暑さも感じなかったので、「微風があるせいか、湿度が低いせいかそんなにしんどくないな」と思っていたんですが。 帰ってきたらどっと疲れと、足の痛...
  • 2019.05.25 (Sat) 23:40 | 週刊萌馬
この記事へのトラックバック
  •  【競馬予想】日本ダービー
  • ◎〔7〕ダノンキングリー ○〔6〕サートゥルナーリア ▲〔13〕ヴェロックス ☆〔2〕ヴィント △〔9〕ニシノデイジー △〔10〕クラージュゲリエ △〔18〕シュヴァルツリーゼ ≪3連複≫ 6-7-13 2-6-7 6-7-9 6-7-10 6-7-18 サートゥルナーリアの1本かぶりになりつつある今年のダービー。ただ、サートゥルナーリアは左回り未経験。おまけに乗り替わり。不安要素が多々あり...
  • 2019.05.26 (Sun) 09:32 | FUKUHIROのブログ・其の四

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply