競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

ラヴェルソナタ新馬勝ち!

先週はPOG指名馬が6頭出走。そのうち2頭は新馬戦に出走しました。その2頭というのがセレブリティとラヴェルソナタでした。

セレブリティはウオッカの全妹でオーナーはモハメド殿下ということもあり注目を集めましたが残念ながら4着に終わりました。ちなみに当初は四位騎手が騎乗する予定でしたが当日の落馬負傷により急遽池添騎手に乗り替わりとなりました。

レース後の池添騎手のコメント(ラジオNIKKEI)を下記に引用。

急遽乗り替わったのですが、まだ体に緩いところがあり、1回使ってシャンとすればいいと思います。お姉さん(ウオッカ)と比べてはかわいそうですが、素直で乗りやすい馬です



一方、ラヴェルソナタはギュイヨン騎手の好騎乗もあって見事デビュー戦を勝利で飾りました。



スタートの出はまずまず、道中は中団のインでじっと脚を溜め、4コーナーでギュイヨン騎手の手が徐々に動き始めました。直線では真ん中に持ち出したものの、後方からやって来たデムーロ騎手のインナージョイに蓋をされる格好になると、すかさずロングスローインとウォールストリートの間に出来たわずか一頭分のスペースに突っ込み、二頭の間を割って伸び、先頭でゴールを駆け抜けました。タイムは1:37.4。上がりは最速33.9秒でした。

レース後の藤沢調教師のコメント(ラジオNIKKEI)を下記に引用。

本当は先週の1800mの新馬戦を考えていたのですが、少しケイコ不足だったのでここを使いました。お母さんのハッピーパスと違って、長めの距離がいいタイプで、追ってからもいいタイプです。ジョッキーもうまく乗ってくれました



前半スローな流れだったせいもあってか勝ちタイムは目立つものではありませんが、馬群を割るなどなかなか渋い勝ち方をしてくれたので次のレースが楽しみになりました。セレブリティも次走に期待したいです。

武豊騎手とのコンビで阪神JF出走予定のダンスファンタジアといい、このラヴェルソナタといい今年デビューの藤沢厩舎のファルブラヴ産駒、いい感じですね。ちなみにダンスファンタジアの母はダンスインザムード、ラヴェルソナタの母はハッピーパスとどちらも藤沢厩舎ゆかりの牝馬。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply