競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

アドマイヤセプター、エリカ賞7着に敗れる

先週出走したPOG馬は、阪神JFのアヴェンチュラ(UMAJIN地獄モード)と残念ながら阪神JFに抽選落ちし、エリカ賞に出走したアドマイヤセプター(netkeiba)、それに土曜の小倉4R芝2000mでデビューしたサクラプリエール(UMAJIN地獄モード)の3頭。

アヴェンチュラは4着、サクラプリエールは3着ととりあえず掲示板を確保。一方、エリカ賞で牡馬を差し置いて1番人気に推されたアドマイヤセプターはと言うと7着に敗れてしまいました。



アドマイヤセプターはスタートしてすぐに掛かってしまい、馬込みに入れても口を割って鞍上の後藤騎手とケンカしながら走っている状態。あれではもうどうしようもありません。前半で余計なスタミナを消費してしまった分、直線で脚が残っているはずもなく、見せ場もないまま7着(全9頭中)に終わってしまいました。

後藤騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)↓

馬込みでこれだけムキになっては…。ペース云々ではありません。ハナを切ったり、短い距離を使うなどしてみることも考えられますが…



気性面での成長がみられなければレースで力を出すのは難しそうですね。

ただ、今回勝ったスマートロビンが強いかと言われたら、そうは見えなかったような。完全なスローペースでの前残りの競馬でしたから。2着のユニバーサルバンクも同じ。武豊騎手が騎乗したトーセンラーは前のスマートロビンと外のユニバーサルバンクにピッタリ進路を塞がれてしまい、ゴール前ではまともに追うことすら出来ず3着に敗れてしまいました。ちょっともったいなかったですね。もう少し流れていたら最後バラけたと思うのですが、スローの団子状態でしたからね。

アドマイヤセプター、トーセンラーに関しては次走を見てみたいです。ちなみにトーセンラーはPOG指名していません。単に武豊騎手のお手馬だから注目しているだけです( `・ω・´)

また土曜の小倉でデビューしたサクラプリエールですが、父サクラプレジデント、母サクラフューチャーという100%サクラの馬。直線を向いてもいい手応えだったのでイケるかもと思ったのですが、直線でスズカセクレターボと互いに馬体を2度ぶつけ合う形になってしまいました。まあ、それがなくても3着だったかもしれませんけど牝馬にしてはなかなか根性がありそうです。

今週は、朝日杯FSに何頭出走出来るか。登録されているPOG馬はリアルインパクト、リフトザウイングス、リベルタス、ダノンバラードの4頭。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply