競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第71回 オークス他

第71回オークスは、JRAのG1史上初となる、まさかの同着決着で幕を下ろしました。

レースの開始時刻になっても、なお降り続く雨。たっぷりと水を含んだ馬場は、稍重の発表でしたが、かなり重そうに映りました。

スタートでは、大きく出遅れる馬もなく、内のアグネスワルツがハナに立つかと思いきや、外から押して果敢にハナを奪ったのは、ニーマルオトメ。思い切って一発を狙ったのでしょうか。

先頭のニーマルオトメからやや離れてアグネスワルツ、その後に他馬が続くという展開。桜花賞馬アパパネは、中団よりやや後方、ちょうど前にサンテミリオン、アパパネを見る位置に付けていました。

直線入り口で、既に一杯になったニーマルオトメを交わし、早めに先頭に立ったアグネスワルツが、そのまま粘り込みを図ります。

そこに外から襲い掛かったのが、サンテミリオン、アパパネの8枠2頭。
残り200mをきり、ゴール板を通過するまで、2頭の壮絶な叩き合いは続きました。

ゴールした瞬間、私の目には、内のサンテミリオンの方が、やや体勢有利かに見えました。

実際、サンテミリオンの鞍上横山騎手もレース後「蛯名騎手から“おめでとう”と言われましたし、有利だと思っていました。」(ラジオNIKKEI)とコメントしています。

しかし、スローのVTRを見ると、私が思っていたよりも、2頭の勝負は際どいもので、まさに首の上げ下げ。

結局、長い写真判定の末に出た結論は、1着同着というもの。

かくして、第71回優駿牝馬において、アパパネとサンテミリオンという2頭のオークス馬が誕生することとなったのです。

私の本命オウケンサクラはというと、いつもより後方寄りの位置取り。ちょうど勝ち馬2頭に前後から挟まれるような位置でした。
オウケンサクラ自身、直線でジリジリと伸びているものの、キレ味では2頭に後れを取り、結果は5着と掲示板を確保するのが精一杯。
やはり、もう少し前で競馬をした方が、この馬の持ち味を生かせたのでは。

オウケンサクラの鞍上安藤騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は、以下のようなもの。

前へ行くと馬場の悪い内側を通ることになりますから、今日は行くつもりはありませんでした。ジワジワ伸びていましたから、サンテミリオン、アパパネより先に動けるところにつけていれば良かったと思います。馬場も気にしていませんでした

どうやら、安藤騎手にとっても、少し悔いが残る騎乗だったようです。

これでアパパネは、2冠達成。秋まで3冠王冠1という夢をつなぐことが出来ました。

その他では、勝ち馬サンテミリオン、3着馬アグネスワルツと同じゼンノロブロイ産駒のアニメイトバイオが11番人気ながら4着と健闘しました。
対抗エーシンリターンズは、いい所なく14着と大敗。
我がPOG馬シンメイフジは11着でした。

結果
1着×アパパネ(1番人気)
1着 サンテミリオン(5番人気)
3着 アグネスワルツ(8番人気)
4着 アニメイトバイオ(11番人気)
5着◎オウケンサクラ(3番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着▲アプリコットフィズ(4番人気)
10着★ギンザボナンザ(9番人気)
14着○エーシンリターンズ(7番人気)
17着△ショウリュウムーン(2番人気)


さて、昨日は、ダートの重賞、東海Sも行われました。

こちらは、ワイドで馬券を的中させることが出来ましたアップ

勝ったのは、本命シルクメビウス。

後方待機の競馬は、レース前の予想通り。
ただ、私としては、アルトップランの浜中騎手がしたような、3コーナー辺りからマクっていく競馬を希望していたので、シルクメビウスの田中博康騎手の仕掛けのタイミングは、少し遅く感じました。

勝つには勝ったけど、タナパクには、もう少し積極的な騎乗をして欲しいなぁ、などと偉そうなことを思っちゃいましたが、あの仕掛けのタイミングは、前走アンタレスSでの敗戦を受け、田中騎手がきちんと考えた上でのものだったのです。

以下、田中騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)です。

前回は早めに動いてしまったので、今日は馬を信じて外を回らないように心掛けました。それに馬が応えてくれました。3~4コーナーは持ったまま行けました。


2着には、アンタレスS8着から見事に巻き返したトランセンド、3着にマクリがハマったアルトップランが入りました。

予想記事に「今回トランセンドを外してみるが、それがどう出るか。」と書きましたが、結果はご覧の通り(泣)

また、対抗フサイリセブンは、8着に敗れました。

ただ、▲アルトップランが人気薄だったので、シルクメビウスとのワイドを押さえていたので、何とか馬券を的中させることが出来ました♪

とはいえ、オークスは散々でしたし、ダービーの資金を増やすことは出来ませんでした~。

結果
1着◎シルクメビウス(3番人気)
2着 トランセンド(1番人気)
3着▲アルトップラン(10番人気)
4着 マコトスパルビエロ(5番人気)
5着 ダイショウジェット(8番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8着○フサイチセブン(2番人気)
11着×ナニハトモアレ(4番人気)
13着△コロナグラフ(7番人気)

にほんブログ村
トラコミュ
レース回顧
関連記事

TRACKBACK

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック

COMMENTS

2 Comments

There are no comments yet.

むっく  

1 ■無題

スーさん、ご無沙汰しております。
むっくです(^.^)

オークスの決着は凄かったですね。
良いモノを見せてもらいました。

あと、アドマイヤプリンス。。
ちょっと遅まきながらの感は否めませんが
やっぱり強い馬だなぁと。
秋が楽しみだと思います。

またお邪魔します(/ω\)

2010/05/24 (Mon) 16:26 | EDIT | REPLY |   

スー  

2 ■お久しぶりです!

>むっくさん

お久しぶりです!

G1で同着決着だなんて、これから先だって、そうそう見られるものじゃないですよね!

オークスですっかり熱くなって、白藤賞のこと忘れちゃいそうでしたが、アドマイヤプリンスの堂々とした勝ちっぷりに惚れ惚れしました。

ダービーに騎乗出来なくなってしまった小牧騎手の気合が馬に伝わったのでしょうか(´∀`)

また新たなPOGシーズンが始まりますね!
どの馬を指名するかを考えている今の時期が一番楽しかったりしますよね♪

2010/05/24 (Mon) 21:35 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply