競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第85回中山記念他

あまり気が乗りませんが(笑)、ほとんどかすりもしなかった土日3重賞のレース回顧を。

まずは中山記念から。

中山記念を制したのは、ヴィクトワールピサ。1番人気に応える快勝でした。どうも最近スタートの出遅れが目立つ鞍上デムーロ騎手。今回も心配はスタートでしたが、やはりやや遅れ気味でしたね。ただ、馬が強かった。勝負どころから一気に前に上がっていき、4コーナーで外を回るというちょっと強引な騎乗でも難なく勝ってしまいました。しかし、ドバイではスタートを決めて欲しいですね。

2着には逃げてそのまま粘りこんだキャプテントゥーレ。よく粘りましたが、今回は力負け。小牧騎手も「今日は勝った馬に捻じ伏せられる形でした」(ラジオNIKKEI)とコメントしています。

そして、3着にリーチザクラウン。リーチは差す競馬が板についてきたようですね。道中、ややかかり気味でしたが、武豊騎手が何とかなだめていました。武豊騎手が「スタートが上手ではない馬ですが、今日は後ろの位置でギリギリ我慢してくれました。こんなレースが出来ればこれから楽しみです」(ラジオNIKKEI)とコメントしているように、これからの活躍に期待したいです。

先行粘りこみを期待して対抗にしたアロマカフェは8着に敗れました。▲マルカボルトはベリー騎手が内枠の利を生かした上手い騎乗をしてくれましたが、このメンバーでは力不足でしたね。

結果
1着◎ヴィクトワールピサ(1番人気)
2着 キャプテントゥーレ(4番人気)
3着 リーチザクラウン(3番人気)
4着▲マルカボルト(6番人気)
5着△レッドシューター(5番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8着○アロマカフェ(7番人気)
10着×トーセンクラウン(10番人気)


続いて阪急杯。

スタート後のハナ争そいで、前半はスプリント戦らしいハイペースで縦長の展開。いやぁ予想通りに佐藤哲三騎手が行ってくれました。他の騎手なら内にいた藤田騎手のショウナンカザンにハナを譲るところでしょう。哲三騎手のああいうところが好きです(´∀`)

でも、結局前にいったコスモセンサーとショウナンカザンはそれぞれ11着と7着に敗れてしまいました。佐藤哲三騎手と藤田騎手のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

ハナに行くのに時間が掛かりました。1800mを使った後でしたし…。それでも気持ち良く行かせることが出来ましたから、次は良くなると思います(佐藤哲三騎手)


単騎でハナに行きたかったです。行けていれば違っていたと思います(藤田騎手)



前半速いペースになったおかげて、持ち味の末脚を発揮することが出来たのが、勝ち馬サンカルロ。一昨年のニュージーランドトロフィー以来となる久々の勝利でした。シンボリクリスエス産駒のサンカルロにはこれくらいピリッとしたレースにならないと出番が来ないのかもしれませんね。

2着に内で上手く脚をためたガルボ。3着には四位騎手お得意の後方待機から大外ブン回しの追い込みがハマったフラガラッハが突っ込んできました。

私の本命ワンカラットは5着。最後の直線でちょっと前が窮屈になってなかなか抜け出せなかったのが痛かった。

結果
1着 サンカルロ(4番人気)
2着○ガルボ(1番人気)
3着 フラガラッハ(5番人気)
4着 スプリングソング(3番人気)
5着◎ワンカラット(2番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着×ケイアイデイジー(11番人気)
10着△サワノパンサー(6番人気)
11着▲コスモセンサー(8番人気)


最後に土曜のアーリントンC。

勝ったのは、アグネスタキオン産駒のノーザンリバー。外枠でしたが好スタートを決めた後は、中団待機。4コーナーを回る時には先行集団を射程圏内に入れて、手応え十分のまま直線に入ると、ゴール前で前の馬を捕らえて快勝。これで3連勝となりました。

一方、私の本命ノーブルジュエリーは、スタートで立ち遅れて仕方なく後方からの競馬に。最後は大外を回して追い込むも、流石に開幕週の馬場では届かず。7着に終わりました。

2着のキョウエイバサラ、3着のテイエムオオタカはいずれも先行して内から抜け出しての粘りこみ。

馬券は残念でしたが、勝ったのが武豊騎手の馬(←でも無印^^;)だったので良しとします。

結果
1着 ノーザンリバー(4番人気)
2着 キョウエイバサラ(11番人気)
3着△テイエムオオタカ(5番人気)
4着×ラトルスネーク(3番人気)
5着▲スマートロビン(2番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着○カルドブレッサ(7番人気)
7着◎ノーブルジュエリー(1番人気)
関連記事

TRACKBACK

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  G1への第一歩 中山記念など今週の結果と回顧
  • 独り舞台というか1頭舞台となった中山記念はヴィクトワールピサが人気にこたえて快勝。 これで堂々とドバイに向かいます。 アーリントンCと合わせて結果と回顧を。 (ちなみに、阪急杯は見送って正解でし...
  • 2011.02.28 (Mon) 23:50 | CW馬なりにて歩む
この記事へのトラックバック
  •  世界相手にどこまで戦えるか!?近付く決戦の時!! 【競馬&ラグビー】
  •    週末行われたスポーツの内、東京マラソンに関しては先程記事を起こしたが、その以外のスポーツの内、次は世界の猛者が相手となるスポーツを2つ取り上げたい。1つは競馬。そしてもう1つはラグビー。 【世界制覇へ向け視界良好!!ドバイが君を待っている!!】 ◎…
  • 2011.03.01 (Tue) 01:54 | 不定期更新のスポーツニュース201X (ちょっと時事ネタも) 
この記事へのトラックバック
  •  阪急杯他の回顧
  • いやぁ3重賞全部当たるなんて気持ちいいですね~夢のようですよ、神様っているんですね~
  • 2011.03.01 (Tue) 05:16 | ミシエロの3年前は忘れた
この記事へのトラックバック
  •  中山記念、阪急杯 回顧
  • ヴィクトワールピサつえぇぇぇぇー!! 中山記念 予想1着◎ヴィクトワールピサ2着〇キャプテントゥーレ3着▲リーチザクラウン4着-マルカボルト5着-レッドシューター6着 ...
  • 2011.03.01 (Tue) 12:27 | ニュータイプ的競馬

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply