競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

『パーフェクト種牡馬辞典』が変わった!?

私がこれまでずーっと買い続けていたのが、王様こと田端到氏と加藤栄氏の共著『パーフェクト種牡馬辞典』。以前JUGEMでブログをやっていた時にも書いたことがあります(→JUGEMでの過去記事はこちら)。

shuboba09-10.jpg
(写真は旧ブログから)

最近では隔年で買い換えていました。今年は買い換えの年。そろそろ新しい『パーフェクト種牡馬辞典』が発売される頃だと思い、アマゾンで探してみたら、ありました!内容紹介を読むと「今号で発行20周年」、「今回から装いも新たに」などとあります。

しかし、著者名に田端&加藤の両氏の名前がない(゚Д゚≡゚Д゚)

なんと、著者が変わってしまったようなのです。なのにタイトルは変わらず『パーフェクト種牡馬辞典』のまま・・・?

私は『パーフェクト種牡馬辞典』のデータを楽しみにしていたんじゃないんです。もちろんデータは必要ですけど。各種牡馬の産駒の特徴を面白おかしく、しかし時に的確に言い当ててくれる、あの著者独特の切り口が好きだったのです。読み物として楽しめる種牡馬辞典だと思っていました。だから、少なくとも私にとっては著者の変わってしまった『パーフェクト種牡馬辞典』はもはや何の意味も成さないのです。

さて、困ったぞ・・・と思っていたら、田端&加藤両氏が新たな種牡馬「事典」を出していました!

田端到・加藤栄の種牡馬事典田端到・加藤栄の種牡馬事典
田端 到,加藤 栄,大越正実

東邦出版
売り上げランキング : 128232

Amazonで詳しく見る


それが、この『田端到・加藤栄の種牡馬事典』。辞典じゃなくて「事典」。出版社は東邦出版。どうやら色んな大人の事情があるみたいです。

まあ、何はともあれ田端&加藤両氏が『種牡馬事典』を出してくれて良かった。そうじゃなかったら、去年の『パーフェクト種牡馬辞典』を買わなかったことを激しく後悔するところでした。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply