競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

馬なのにカジキ!?

今年の春、多くの競馬ファンや関係者らに惜しまれながらこの世を去った名種牡馬サクラバクシンオー。バクシンオーは日本の競馬界に偉大な功績を残しました。

サクラバクシンオー産駒は、POGでも大活躍してくれます。仕上がりが早く、2歳夏からポンポンと勝ち上がってくれる馬が多いので、早くデビューしてポイントを稼いでほしい時には、もってこいの存在なのです。

一頭くらいはバクシンオー産駒を指名しておきたいと思っていたところ、何やら面白そうな馬を発見☆

それが、カジキ。魚じゃなくて馬です。馬名がカジキなのです(笑)。それにしても、カジキ・・・もうちょっとカッコイイ馬名は思い浮かばなかったのでしょうか。

カジキは、父サクラバクシンオー、母エターナルハピネスの牡馬。管理するのは栗東の白井寿昭厩舎。

netkeibaの掲示板を見ていたら、調教で好時計を出しているようで、これなら初戦いけるんじゃないかと思うのですが。問題は、初戦以降ですよね。

指名するか、見送るか・・・もう少し考えよう。

そうそう、バクシンオー産駒といえば、netkeibaの今週のデビュー馬情報に「新馬戦好調・佐々木厩舎の秘蔵っ子が初陣」ということで、ヴェアデイロス(牡)が紹介されていました。調べてみたら、ヴェアデイロスの母マザーレイクは、ラティールの半妹。あれれ?カジキよりヴェアデイロスの方がいいかな。

しかし、どうやらカジキもヴェアデイロスも日曜小倉5Rの芝1200mでデビュー予定のよう。アララ。もし2頭とも出走して、指名しなかった方が勝っちゃったら悔しいだろうなぁ。まあ、どちらも負けちゃうことも十分考えられますけど。うーん、ますます悩む。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply