競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第16回秋華賞他

秋華賞は本命アヴェンチュラが鞍上岩田康誠騎手の非の打ち所のない好騎乗もあって、見事に勝利。オークスを制した全姉トールポピーに続き姉妹でのG1制覇となりました。

アヴェンチュラの実力はもちろん、この勝利に大きく貢献したのは、何と言っても岩田騎手の自ら動く強気な攻めの騎乗だったと思います。それにラチ沿いの経済コースを走れる内枠に入ったのも良かった。
予想記事に「岩田騎手にはブラックエンブレムの時のようなイメージで騎乗して欲しい。」と書きましたが、まさにそれに近い騎乗をしてくれました。アヴェンチュラはブラックエンブレムの時よりも早めに先頭に立ちましたが、ジャングルポケット産駒らしく長くいい脚を使って、岩田騎手の騎乗に応えました。

2着には、ローズSで3着に入ったキョウワジャンヌ。こちらは距離がやや微妙ではないかと心配しましたが、父ハーツクライ譲りの末脚で先に抜け出したアヴェンチュラに最後まで追いすがりました。鞍上の飯田騎手も「距離はあった(長かった)と思いますが、よく頑張っている。」とコメント(スポニチ)したようです。

そして、3着には1番人気に推されたホエールキャプチャ。上位2頭とは枠の内外の差もあったと思いますが、やはりG1を勝つにはワンパンチ足りなかったのかも。

マルセリーナも大外枠が響きました。

以下、レース後のコメント(ラジオNIKKEI)。


1着 アヴェンチュラ(岩田騎手)
「テン乗りでしたが、思い通りのレースが出来ました。ゲートも良く、理想の好位置につけて、挑戦者の気持ちで、後ろの馬の動きを待つよりも自分で動いて行った方がいいと思い、早めに自分で動いて行きました。前が残るような馬場も味方したし、馬体もしっかりしていました。すごく乗り手に忠実な馬です。これからもっと力をつけてくると思います」

(角居勝彦調教師)
「骨折して、キッチリ治して、北海道で2戦する間に想像以上に力をつけていました。岩田騎手には北海道の2戦を研究してもらって、“3コーナーから4コーナーにかけて早めに動いた方がいい”との感触をもらっていました。今日のレースはそういう流れでしたが、ホエールキャプチャは切れる脚がありますから、直線ではやはり心配でした。骨折で春休んだ分、姉とは逆のレースを勝つことになりましたが、これから古馬相手に姉以上の活躍を期待したいと思います」

2着 キョウワジャンヌ(飯田騎手)
「前回のレースからデキをキープしていましたし、いい状態でレースに臨めて一発を狙っていました。内枠でしたから、色々考えて内を狙うことにしましたが、思いの他いい位置でレースが出来て、4コーナーもいい感じで、交わせる感じだったんですが、ローズステークスも今回も最後は同じ脚色になってしまいました。よく頑張ってくれているんですが、悔しいです」

3着 ホエールキャプチャ(池添騎手)
「3歳相手の最後のレースを勝たせることが出来ず残念です。ゲートのタイミングも良く出て、折り合いもついてしっかり走ってくれたんですが、枠順の差で中々内に入れることが出来ず、気になっていたアヴェンチュラからは、2コーナーからコーナーごとに離されてしまいました。それがきつかったですね。結局は立ち回りの差、枠順の差でしょうか」

7着 マルセリーナ(福永騎手)
「枠もありますが、スタートで終わりました。前走出てくれたので、今回もと思っていたんですが…。出しても出て行きませんでした」



今回は元POG馬のアヴェンチュラを信じて、アヴェンチュラからの馬単で勝負していました。対抗にしたホエールキャプチャとの馬券はもちろん買っていましたが、キョウワジャンヌの方が高配当なので、最後はキョウワジャンヌに「そのまま!」と声援を送りました。テレビ画面に向かって(笑)

結果
1着◎アヴェンチュラ(2番人気)
2着△キョウワジャンヌ(7番人気)
3着○ホエールキャプチャ(1番人気)
4着 アカンサス(10番人気)
5着 リヴァーレ(12番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着▲マルセリーナ(3番人気)
15着×マイネイサベル(4番人気)


続いてまさかのアパパネ大敗に驚いた府中牝馬Sの回顧。

秋初戦で100%に仕上げてくるはずはないとは思っていましたし、そこに他馬の付け入る隙があるとも考えていました。しかし、まさかアパパネが牝馬相手に14着に敗れるとは…。

私の本命レディアルバローザは道中は中団の位置取り、アパパネはそのすぐ後ろに付けていました。直線を向いてレディアルバローザは内に突っ込み、馬群の狭いところを割って抜け出しを試みましたが、突き抜けるほどの脚はなく8着に終わりました。
一方、アパパネは直線では馬場の真ん中どころで、こちらは前はきれいに開いており、遮るものはなく、後はいつものようにアパパネが鋭い末脚を使うだけ…のはずだったのですが、アパパネは鞍上の蛯名騎手の鞭に応える気配はなく、力なく馬群に沈んでしまいました。

そして、このレースを勝ったのは、七夕賞、小倉記念と夏に重賞を連勝し、勢いに乗るイタリアンレッドでした。後方からの追い込みが見事に決まりました。同じく後方から追い込んだアニメイトバイオが2着、フミノイマージンが3着に入りました。

勝ったイタリアンレッドの鞍上中舘騎手とアパパネの鞍上蛯名騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

1着 イタリアンレッド(中舘騎手)
「今日は、馬が走りたいように走らせました。最近、引っ掛かることが多かったので、折り合いもついていた方だと思います。とにかくこの馬は自分との戦いです。この馬の競馬が出来れば走れます。ですから、相手のこと、アパパネがどうかとか、そんなことはまったく考えていませんでした。乗り役を問わず頑張れる馬ですから、次のGIでも頑張ってくれると思います」

14着 アパパネ(蛯名騎手)
「普通に競馬をして、普通に前も空いて、これ以上ない競馬をしたと思います。まだ重いですね。反応がありませんでした。調教はしっかりやってきたのですが、それでも絞れません。何とか次のGIで巻き返したいと思います」



アパパネのベスト馬体重が490キロ前後だとすると、確かに今回の502キロというのは太め残りだったかもしれません。ただ、それにしても走らなさすぎたような気がします。この一叩きでどこまで変わってくるかに注目したいです。

結果
1着 イタリアンレッド(5番人気)
2着▲アニメイトバイオ(4番人気)
3着△フミノイマージン(3番人気)
4着 アスカトップレディ(11番人気)
5着×コロンバスサークル(7番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
8着◎レディアルバローザ(2番人気)
14着○アパパネ(1番人気)


最後に土曜日に行われたデイリー杯2歳Sについて簡単に。

本命にしたPOG馬のクラレントが見事勝利、重賞制覇を果たしてくれました。大外から豪快に追い込んだ新馬戦とは違い、最内枠に入った今回は外を回さず馬場の内目で脚を伸ばす渋いレースぶりを見せてくれました。ダンスインザダーク産駒らしく長い脚を使いました。
最後は外から来たダローネガに差されるかとヒヤリとしましたが、何とか凌いでくれました。勝った事はもちろん、こういうレースも出来るというのが分かったのもクラレントの今後にとって収穫になったと思います。

1&2着馬の鞍上のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

1着 クラレント 小牧太騎手
「本当に切れました。正直、新馬を勝ち上がったばかりでどうかと思いながらのレースでしたが、この勝利でレースの幅が広がりました。追い切りはあまり動かない馬ですが、放牧先から戻ってきてトモがしっかりしていました。乗り味のいい馬ですよ」

2着 ダローネガ 岩田康誠騎手
「ゲート内で横を向いたときにスタートが切られました。出遅れてしまいましたが、最後はすごい脚を使ってくれました」



このレースもPOG馬クラレントが新馬戦で見せてくれた強さを信じて馬単で勝負。クラレントが4番人気というのは意外でした。2番人気くらいを予想していたので。でも、そのおかげで1番人気のダローネガが相手でもそこそこの配当がつきました。

結果
1着◎クラレント(4番人気)
2着○ダローネガ(1番人気)
3着 ゲンテン(3番人気)
4着×メイショウハガクレ(7番人気)
5着 マコトリヴァーサル(2番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
7着▲シンゼンレンジャー(5番人気)
11着△カイシュウタビビト(9番人気)


秋になって自分なりに予想の調子が上がってきたような気がするので、この調子で秋のG1シリーズを当てていけたらと思います、そして、POGの方も頑張りたいです!
関連記事

TRACKBACK

9 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  2011 秋華賞を振り返る
  • アヴェンチュラが力強く1分58秒2のタイムで快勝 キョウワジャンヌが一瞬、かわしたかと ホエールキャプチャはまたでした・・・ マルセリーナは枠が・・・でしょうか。 ピュアブリーゼはもっと積極的にいってもよかったのでは
  • 2011.10.17 (Mon) 00:25 | さちこの競馬馬連1点勝負ブログ
この記事へのトラックバック
  •  秋華賞などの結果と回顧
  • 堂々の無印、アヴェンチュラが突き抜けて終わった秋華賞。 何も見えてない不調から全く抜け出せていないことを証明しただけ。 救いはデイリー杯をきっちりと取ったこと、府中牝馬Sを見送って大恥かくの...
  • 2011.10.17 (Mon) 07:44 | CW馬なりにて歩む
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  春の無念晴らした!アヴェンチュラ最後の1冠獲得!
  • 3歳牝馬3冠シリーズの最終戦・第16回秋華賞(GI・芝内回り2000m 18頭立て)が16日、京都競馬場で行われました。今年は桜花賞馬の?マルセリーナ、オークス馬?エリンコートのGI馬に加え、ローズステークスの勝ち馬で無冠返上を狙う?ホエールキャプチャ、クイーンステー...
  • 2011.10.17 (Mon) 13:12 | 日刊魔胃蹴
この記事へのトラックバック
  •  秋華賞回顧 間に合ったアヴェンチュラ!
  • 阪神JFは熱発明けで万全の状態では出走できず。その後骨折して春のクラシックを全休。 デビュー当時からGⅠでも活躍できる馬と能力を高く評価されていた馬でしたが、初めて ...
  • 2011.10.17 (Mon) 19:15 | ニュータイプ的競馬
この記事へのトラックバック
  •  秋華賞(&府中牝馬S)雑感
  •  ただただ、アヴェンチュラの強さが目立った。そんな感じがした今回の秋華賞でした。  でも・・・・・連れてくる相手が違うよ(汗)。そんな訳で、まだ「アドマイヤサンデー一族嫌い」を払拭するには至って...
  • 2011.10.17 (Mon) 20:20 | Ali della liberta (in Stadio)
この記事へのトラックバック
  •  秋華賞の回顧
  • 第16回 秋華賞(GI) 1着 4…アヴェンチュラ 2着 1×キョウワジャンヌ 3着12〇ホエールキャプチャ 馬連     1-4    3,100円 3連単   4-1-12   12,680円 ...
  • 2011.10.17 (Mon) 22:13 | カンマネの安心できるかわからないブログ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  秋華賞10/16 無料競馬予想の結果
  • 無料競馬予想・ソフト指数 10月16日の成績結果秋華賞2011■京都11R◎4番アヴェンチュラが指数通りの走りを見せて1着。今の京都芝は内枠有利が歴然ですので、好枠の利もあり ...
  • 2011.10.21 (Fri) 17:06 | 無料競馬予想ソフトで個人予想

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply