競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第15回 マーメイドステークス

昨日のマーメイドS、ハナに立つと思われたブラボーデイジーがスタートで躓いてまさかの出遅れ。
結局、逃げたのはセラフィックロンプ、続く2番手にブライティアパルス。
私の本命テイエムオーロラは4番手となかなかいい位置取り。

淡々とした流れでレースは進み、4コーナー手前になって後ろの馬の鞍上の手が動き出すものの、前の2頭はまだ余裕の手応え。
直線を向いても逃げるセラフィックロンプの脚は止まるどころか、さらに後続を突き放しにかかります。
このまま逃げ切るかと思ったところ、ゴール前でブライティアパルスが差し切り、重賞初制覇となりました。

ところで、後でパトロール映像を見たのですが、セラフィックロンプは直線でかなり外にヨレていましたね汗
なお、この斜行が「継続的かつ悪質である」ということで、鞍上の宮崎騎手は、6月26日・27日は騎乗停止となりました。

勝ったブライティアパルスは、ダイタクリーヴァ産駒。正直2000mはちょっと長いんじゃないかと思ったのですが、問題ありませんでしたね。
鞍上の藤岡康太騎手は、6月5日に復帰して、早速の重賞勝ちとなりました。昨日の勝利ジョッキーインタビューを見て、康太騎手のイケメンぶりを改めて確認しましたし、今後も応援したいと思います(・∀・)/

本命のテイエムオーロラは、直線で前2頭との距離を縮めることが出来ず、3着に終わりました。

以下、国分恭介騎手のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)。

今日は馬が内回りコースに戸惑ったような面がありました。外回りの時のような反応の良さがなく、直線半ばでようやく伸びて差を詰めに掛かりましたから


このあたりが母父トニービンか。

今回は、結果的に前残りの展開となったので、後ろの馬たちの出番はありませんでした。

馬券は、◎テイエムオーロラからの馬連しか買っていなかったので、ハズレてしまいましたダウン

結果
1着○ブライティアパルス(3番人気)
2着 セラフィックロンプ(14番人気)
3着◎テイエムオーロラ(4番人気)
4着▲ニシノブルームーン(1番人気)
5着 ヒカルアマランサス(2番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着△マイネトゥインクル(11番人気)
13着×ブラボーデイジー(5番人気)

にほんブログ村
トラコミュ
第15回 マーメイドステークス(GIII)
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply