競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第72回桜花賞他

期待していたPOG馬2頭、ニュージランドTのオリービン、桜花賞のジョワドヴィーヴルでしたが、共に敗れてしまいました(´;ω;`)

では、桜花賞の回顧から。

先行争いが激しくなるかと思ったのですが、外からアラフネがハナに立ってしまうと比較的流れが落ち着きましたね。桜花賞らしくもっとガンガン行くのかと思いきや意外とあっさり。以下マイネエポナ、エイシンキンチェムと続く。

さて、そうなると、後方待機のジョワドヴィーヴルが少し心配に。果たしてこの位置取りで届くのか。

直線を向いてからしばらくはアラフネ、マイネエポナが頑張っていたが、先行集団からヴィルシーナとアイムユアーズが抜け出す。この2頭が並んで併せ馬のような形で追い比べをしているところをジェンティルドンナが上がり最速となる34.3秒の末脚でゴール前でまとめて交わし、見事に桜花賞を制した。

一方、ジョワドヴィーヴルは直線外から追い込むも6着まで。掲示板も確保出来なかった。ジョワドヴィーヴルを管理する松田博資調教師は「筋肉だけだからな。もうちょっと体が増えてこないとイカン」(スポニチ)と前走チューリップ賞からさらに4キロ馬体が減ったことに言及したようです。

確かに馬体の成長が見られませんが、それだけではないような気も。

以下福永騎手のレース後のコメント(スポニチ)。

馬の状態は凄く良かった。ひと叩きして弾むようなフットワークになっていた

ポジションが悪くなってしまったが、それでも(この馬なら)と思っていた。でも、最後は苦しくなって外へ逃げるそぶり。きつい競馬を強いてしまったかな



位置取りが後ろ過ぎたのと、外枠で終始外を回らされたというのもジョワドヴィーヴルにとっては厳しかったのでは。まあ、私も福永騎手と同じくこの馬なら大外から飛んで来てくれると期待していたんですけどね。

対抗エピセアロームは15着と惨敗。

結局、私の桜花賞予想で当たっていたのは▲アイムユアーズについての「ただ、G1だと来ても2~3着のような気もする。」だけでした(笑)

結果
1着 ジェンティルドンナ(2番人気)
2着×ヴィルシーナ(4番人気)
3着▲アイムユアーズ(3番人気)
4着 サウンドオブハート(5番人気)
5着 メイショウスザンナ(11番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着◎ジョワドヴィーヴル(1番人気)
11着△イチオクノホシ(9番人気)
15着○エピセアローム(6番人気)


続いてニュージーランドトロフィー。

ニュージーランドTを制したのはデビューから無傷の2連勝で臨んだカレンブラックヒル。好スタート、好ダッシュでそのままハナに立つかと思いきや、他馬に譲って4番手に控えたカレンブラックヒル。鞍上の秋山騎手が意図的に抑えて控えたように見えましたが、レース後のコメントを見るとやはり意識して控えさせたようですね。

内枠の利を生かしてラチ沿いの経済コースを通ったカレンブラックヒルは直線に入っても余力十分だったようで、終わってみれば2着のセイクレットレーヴに2馬身半差をつける快勝でした。

3着には直線で馬群を割って伸びてきたブライトライン。

オリービンは外から追い込んだものの最後は脚色が一緒になってしまい4着までが精一杯でした。

秋山騎手と平田修調教師のレース後のコメント(ラジオNIKKEI)は以下の通り。

秋山真一郎騎手
「前回で控えるレースの練習をしていたし、荒れ馬場も平気ですので、今日は自信を持って乗りました。道中の手応えがよく、抜け出す脚は速かったです。いい馬ですね。このまま無事にいって欲しいなと思います」

平田修調教師
「強かったです。追い切りの動きがよく、具合もよかったので楽しみにしていましたが、想像以上のレースでした。今までと違う形でしたが、しっかりと伸びていました。ゲートが悪くてデビューが遅れたように気性に難しいところがあるのですが、心配していた輸送をクリアして、体も思ったほど減っていませんでした。次はNHKマイルCです。中山よりも東京の方が向いていると思いますし、楽しみにしています」



秋山騎手と平田厩舎のコンビといえば、最近ではグランデッツァが思い浮かびますが、そのグランデッツァは前走のスプリングSではM.デムーロ騎手に乗り替わりとなってしまいました。カレンブラックヒルとのコンビはこのまま続くといいですね。何だか秋山騎手っていつもいいところで乗り替わりになってしまうイメージがあるんですよね。

結果
1着×カレンブラックヒル(1番人気)
2着▲セイクレットレーヴ(2番人気)
3着 ブライトライン(4番人気)
4着◎オリービン(3番人気)
5着 サドンストーム(5番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9着○バンザイ(8番人気)
10着△ヴィンテージイヤー(9番人気)


阪神牝馬Sは予想記事をアップ出来ませんでしたが、武豊騎手のエーシンハーバーを本命にして馬連でちょっとだけ買ってました。結果は8着で見事に外れました(ノ∀`)
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply