競馬予想、レース回顧、POGなど競馬に関するあれこれ。

【レース回顧】第71回菊花賞&第13回富士S

菊花賞、富士Sといずれも1番人気の元POG馬を本命にしたのですが、馬券はどちらもはずれてしまいましたむー

まずは牡馬最後の一冠をかけた菊花賞。

コスモラピュタの逃げは想定内。ただ、あそこまで離して逃げるとは思わなかった。
4コーナー手前では「これはやられたかも・・・」と思いました。

直線に入ってもなお先頭のコスモラピュタ。そこに内枠の利を生かして、ロスのないインで先行していたのが勝ったビッグウィーク。
直線入り口では2番手につけていたビッグウィークの川田騎手は真っ先に前を行くコスモラピュタを捕まえにいき、その結果が勝利に結びついた。

ローズキングダムも3~4コーナーで徐々に前に進出してはいましたが、正直あの位置取りでは絶望的だと思って見ていました。良くて掲示板確保が精一杯だろうと。
ただ、勝負どころで一気にまくっていたら、おそらくあの最後の末脚を炸裂させることは出来なかっただろうと思うし、控えた競馬ではあれがベストの騎乗だったのでは。

コスモラピュタを前に行かせて上手く自分のペースに持ち込んだ川田騎手のファインプレーが光ったレースでした。
オウケンサクラもそうだけど、バゴ産駒は切れる脚はないけど先行早め抜け出しでの粘りが持ち味のよう。
そうなると、川田騎手のような騎手が合っていたのだと思う。今度オウケンサクラにも乗ってみてくれないかな。

予想の段階でスプリンターズSでの斜行による騎乗停止明けの川田騎手が気合いを入れて騎乗するのではないかという考えがちらりとよぎりましたが、それはちと安易すぎるかと思ったのが悔やまれますあちゃー
G1での借りはG1で返す。といったところでしょうか。

今回2着に敗れたとはいえ、前残りの展開の中、絶望的な位置から何とか2着を確保したローズキングダムの強さを改めて感じました。次走以降も注目したい一頭であることに変わりはありません。

3着には先行で粘りこんだビートブラックはミスキャスト産駒。渋いっ!

結果
1着 ビッグウィーク(7番人気)
2着◎ローズキングダム(1番人気)
3着 ビートブラック(13番人気)
4着 レーヴドリアン(5番人気)
5着 コスモラピュタ(11番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着△トウカイメロディ(2番人気)
7着×ヒルノダムール(3番人気)
10着○ゲシュタルト(10番人気)
15着▲シルクオールディー(8番人気)



やはり1番人気を買ってはいけなかったのか・・・と思わされたのが富士S。

古馬との斤量差を生かしてここは勝ってくれるだろうと信じたリルダヴァルでしたが、一瞬オッ!と思うところはあったものの、ゴール前では他馬と脚色が同じになってしまい、結果は4着。

勝ったのは、外から凄い脚で追い込んできたダノンヨーヨー。3連勝はあっても4連勝は難しいだろうと思っていたのですが、強かったですね。参りました。

対抗にしたリザーブカードは15着と大敗あんぱんまん

一方、安田記念馬ショウワモダンも14着と大敗。

柴田善臣騎手の落馬負傷により山田信大騎手に乗り替わりとなったスピリタス。この馬も最後は大外からものすごい脚を使っていましたが、ちょっと追い出しが遅かったかもしれませんね。

結果
1着 ダノンヨーヨー(2番人気)
2着 ライブコンサート(14番人気)
3着 ガルボ(13番人気)
4着◎リルダヴァル(1番人気)
5着 ブレイクランアウト(9番人気)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着×スピリタス(5番人気)
12着△マイネルファルケ(7番人気)
14着▲ショウワモダン(3番人気)
15着○リザーブカード(8番人気)

にほんブログ村
トラコミュ
レース結果・回顧
関連記事

TRACKBACK

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  菊花賞の回顧
  • 第71回 菊花賞(GI) 1着 6…ビッグウィーク 2着10○ローズキングダム 3着12…ビートブラック 3連複   6-10-12   46,410円 3連単   6-10-12   338,840円 ビッグウィークでしたか。印にない最後の1頭を引くのを常にしているのですが、一瞬凱旋
  • 2010.10.25 (Mon) 20:37 | カンマネの安心できるかわからないブログ
この記事へのトラックバック

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply